苦瓜の説明

健康食品カンリーシュ苦瓜苦瓜粉末エキスの主成分は、植物インシュリン様成分と苦瓜サポニンから成立っています。植物インシュリン様成分とはインシュリンに似た性質を持つ植物性タンパク質で血糖値を下げる働きを持っています。 又、苦瓜サポニン血糖値を下げるように体内の細胞に働きかけ、植物インシュリンの働きを援護します。カンリーシュ苦瓜(粒)においては、秋ウコンをブレンドしました。 この秋ウコンは弱っている肝臓を元気にしてくれる働きがあります。 うり科植物のツルレイシ(苦瓜)属とは うり科植物とは?  うり科の植物の野生種は世界に約100属850種があるが、日本列島には野生種が少なく5属14種を産するに過ぎない。熱帯から温帯にかけて分布するが、高温で日照時間の長い乾燥した気候の地域に多い植物群である。  また薬用としてはコロシントウリ等が峻下薬また常用便秘薬として名高く、キカラスウリの塊根から採る天花粉が汗知らず、ヘチマの蔓茎から採るヘチマ水が化粧水として利用され、ツルレイシ(苦瓜)の茎・果実は胃腸・肝臓・夏バテ防止等の漢方薬や民間薬として利用される植物が多くあります。また今話題になっている植物性インスリンが豊富な「シロ苦瓜」が国民病と言われる肝臓病・糖尿病・高血圧等を初めとする難治性の内蔵疾患にこの「シロ苦瓜」が21世紀の「生命の秘薬」として脚光を浴びようとしています。  ツルレイシ(苦瓜)属とは?  ツルレイシ (苦瓜)属はインド原産で東南アジアからマレーシア・中国に分布し、日本には慶長年間(1596〜1615年)以前に鑑賞用として中国から渡来したと伝えられています。 特に、沖縄では食べ物のことを「ヌチグスイ(命の薬)」と言います。これは、食べ物は命を養い健康を維持する薬という考えからきた言葉だそうです。苦味のあるウコンや苦瓜は、正にその「ヌチグスイ」であり、「長寿の源」を表わしています。沖縄では「苦いウリ」という事から「ゴーヤ」と呼ばれ、夏の野菜として毎日の食生活に取り入れられ、永い歴史のある沖縄独特の郷土料理(ゴーヤチャンプル)となっていったのです。 ツルレイシ(苦瓜)の仲間は世界に約150種が知られています。  ツルレイシというと思い出される人々が? ■ツルレイシというとあの有名な「レイシと楊貴姫」の逸話を思い起こします。 楊貴姫が毎日好んで食べたといわれるレイシ(慕枝)・別名ライチーはむくろじ科の果実でツルレイシ(茘枝奴)とも呼ばれる「竜眼」と共に南方特産の珍果実とされている。唐の玄宗皇帝(685〜762年)が寵愛した楊貴姫(719〜756年)はこのレイシをとても好んで食べたと伝えられています。楊貴姫が食したというレイシの樹木は、今も福建省福州に近い西禅寺(長慶寺)の境内にあると伝えられています。 ■九州久留米出身の作家「壇 一雄」は少年の頃の思い出の味として、苦瓜をあげています。夏の夕べの縁側で、白麻の甚平を着た祖父が、ニガゴリの酢味噌和えを一つまみしては酒を美味そうに、また楽しそうに飲んでいたと述べている。酒とこの苦いウリを食べれば「百薬の長」といえる意味を表わしているのです。 健康野菜パワー「苦瓜」とは? うり科ツルレイシ属 蔓性一年草 [植 物 名]ツルレイシ (苦瓜) [学  名]Moomordica chratia L. [英  名]Vine Litchi.(ヴィァィ・リッチ) [中 国 名]苦瓜(クカ) [和  名]蔓茘枝・苦瓜 苦瓜) [ハーブ名]Balsam Pear(バルサム・ペアー) [別  名]苦瓜・ニガグイ・ニガゴイ・ゴーヤ・ゴーヤー・ガウラ [原 産 地]インド [分  布]  アフリカから熱帯に多く、東南アジアからマレーシア地域に分布し、熱帯、亜熱帯に約60種もあり、果実や花・蔓茎・葉を食用・薬用・観賞用としている。 [栽 培 地]  熱帯アジアから中国・日本で栽培されている。中国には(15世紀)明の時代南方から入り  日本には江戸時代慶長年間(1596〜1615年)にすでに渡来していたと「大和草」(1709年)にその名前がある。一般には、観賞用として栽培されているが、 中国では薬用として、沖縄や南西諸島や九州では食用・民間薬用として栽培されている。 ヨーロッパやアメリカでは「食生活」が見直されて薬用・食用として研究が行われています。 [形  態] (1)蔓茎  ・蔓茎は細長く、分枝は多く巻き髯が他の者にからみついて繁茂する。 (2)葉  ・葉は大形で掌状に分裂して柔らかく、葉柄が長く葉はカエデ状で互生する。 (3)花  ・花は雌雄異花で葉につき、夏から秋に黄色で直径2p位の小花の花が咲く。 (4)果実  ・果実は紡錐形で、表面はこぶ状の突起で覆われ、下垂する。果突は品種によって色も緑色・白色等があり、長さも太さも色々。果実の長さは50pに及ぶ長楕円形と、長さ15p前後の楕円形のもの等がある。 (5)種子  ・果皮が黄色に熟す頃、種子は赤い果肉に包まれる。 [食用部分]果実・泉皮 [薬用部分]果実・果皮・種子・葉・蔓 苦瓜の成分源の凄いパワーを発見 苦瓜には、夏バテ防止や糖尿病改善・予防効果があるだけでなく、他にも高血圧を招く原因となる「アンデオテンシンU」を体内に作らせない働きで高血圧を改善、その他胃を丈夫にしたり、腸内環境を正常にする働きや、健胃整腸効果もあり、また血行を促進する働き等もあることが最近の研究結果から明らかになってきています。便秘や冷え症等に悩むことが多い女性の方々にはお勧めの健康野菜パワーです。 健康野菜パワー「苦瓜」とは? 苦味の主成分はモモルディシンで、解熱・駆虫・利尿に効果作用があり、この苦味が持つ食欲増進効果と、レモンの4倍も含まれている豊富なビタミンCが健康維持や夏バテ防止に役立っていることはよく知られています。アメリカや中国で行われた実験研究報告によると、糖尿病のネズミにツルレイシ(苦瓜)のエキスを投与したところ、3週間後に血糖値が500mg/dlから300mg/dlと、ほぼ半減したという研究報告が発表されています。糖尿病の効果的な食事療法になると各分野から大きな期待がかけられています。苦瓜にはチャラチン(体内の糖を処理するインスリンを分泌する脾臓の働きを活性化する)とP−インスリン(別名・植物性インスリンとも言われていて、体内でインスリンに近い働きをする)という成分が含まれていることが発見され、それらが血糖値を下げる働きをすることが証明された。 @薬効成分  苦瓜血糖値を減少させる合成物質の一つとして、チャランチンというスチグマステロールから抽出されたステロイド、グルハサイドのモモルディシンインスリンに似た蛋白質(Pインスリン.Vインスリン)のようなアルカイド合成物の含有が認知されています。 また最近の研究では、苦瓜の種子がガンの治療に役立つとの研究報告もされています。 ■果実には、β-シトステロール-D-グルコシド・ヒドロキシトリプタミン・シトルリン・ガラクツロン酸等 ■種子には、脂肪油としてパルミチン酸.αエレオステアリン酸等のグリセリの他、モモルディシン・蛋白質等を含んでいる。 ■チャランチン  ・体内の糖分を処理するインスリンを分泌する膨臓の働きを活性化する。 ■Pインスリン ・別名−植物インスリンともいわれていて、体内でインスリンに近い働きをする。 A薬効と薬理 ・苦瓜は全草が薬用効果ももっている健康野菜です。 ■花(苦瓜花) 胃痛・下痢 ■根(苦瓜根) 下痢・できもの ■蔓茎(苦瓜藤)下痢・歯痛 ■葉(苦瓜葉) 胃痛・下痢・できもの ■果実(苦瓜実)・種子(苦瓜子) ・夏バテ防止・血行促進・健胃整腸効果・高血圧改善・便秘.冷え性・糖尿病予防等、また解熱・解毒・下痢、充血などによる眼病にも有効である。

■ SiteMenu
ホームホーム
会社概要会社概要
訪問販売法訪問販売法
お問合せお問合せ
■ 商品のご案内
カンリーシュ苦瓜
カンリーシュ苦瓜の説明苦瓜の説明
カンリーシュ苦瓜の注文苦瓜の注文
菊芋〜桑の葉エキス入り
菊芋〜桑の葉エキス入り〜の説明菊芋の説明
菊芋〜桑の葉エキス入り〜の注文菊芋の注文
紅麹プラスワン
紅麹プラスワンの説明紅麹の説明
紅麹プラスワンの注文紅麹の注文
春ウコン
春ウコンの説明春ウコンの説明
春ウコンの注文春ウコンの注文
■会員募集
会員募集会員募集
■販売代理店募集
販売代理店募集お問合せ
京都健美会に投票する
BBS
中国二千年!食の知恵が生んだ健康食品!!
カンリーシュ苦瓜


・中国、陜西省の漢方製薬会社が、七年間
もの長い歳月を掛け開発に成功しました。
・カンリーシュとは中国語で”すぐ楽になる”という意味です。
・原料で使われる苦瓜は沖縄のゴーヤと同種で
すが、この健康食品の主成分である長白苦瓜を原型
の大きさより510倍に濃縮した粉末エキスです。

 ・苦瓜エキス粉末の主成分は
植物インシュリン様成分苦瓜サポニンです。 

☆最高品質な苦瓜粉末エキス!

私共が販売させて頂いている、この苦瓜エキス粉末ほど高品質な苦瓜エキス粉末は有りません。

今までの最高はインド産アルコール抽出の59.9μIUが最高で、それでも
カンリーシュの1/3しか有りません。

(カンリーシュ苦瓜カプセルは560μIU・カンリーシュ苦瓜【粒】は370μIU有ります。)

苦瓜エキス粉末の開発データでは、最低150μIUないと効果が望めないと言っています。
ちなみに、国産の最高は42.6μIUだそうです。



長白苦瓜が生産される
中国、陜西省の風景です。
緑ラベルがカンリーシュ苦瓜カプセル 赤ラベルがカンリーシュ苦瓜(粒) 原料となる長白苦瓜です。

※商品の詳しい説明は製造元である健美会のホームページを参照下さい。



カンリーシュ苦瓜カプセルの説明

このカンリーシュ苦瓜カプセルは苦瓜(粒)に比べ、苦瓜粉末エキス 豊富!に在ります。

このカプセル1粒には、
0.5g(500mg)の苦瓜エキス粉末が入っています。
このカプセルを
2粒食用する訳ですから、 一回における苦瓜エキス粉末の量は1g(1000mg)となります。

カンリーシュ苦瓜
(粒)の1粒あたりの苦瓜エキス粉末の量は 165mgです。
これを一回の食用で5粒ですから合計で
0.8g(825mg)となります。

カプセルと粒の比較では単純計算で一回の食用あたりで
1.2倍の量!が違います。
更に、カプセル内は粉末で出来ていますので溶け易く
体内に吸収され易い特性があります。


■カンリーシュ苦瓜カプセルのラインナップ■
商品名カンリーシュ苦瓜カプセル
内容量28粒(1週間分)
説明・この商品はカンリーシュ苦瓜カプセルをお試しになって
 みたい方に作られた、お試しサイズ(価格)です。

送料・送料無料
代金・消費税込¥3,600円
 インターネット特価⇒消費税込¥2,100円

商品名カンリーシュ苦瓜カプセル 〜袋タイプ〜
内容量120粒(約一ヶ月分)
説明 ・この商品はカンリーシュ苦瓜カプセルの袋タイプです。
・カプセル内は粉末で、体内に吸収され易い特性があり
 ます。

送料・送料無料
代金・消費税込¥7,800円
 インターネット特価⇒消費税込¥6,400円


カンリーシュ苦瓜(粒)の説明

■1粒(250mg)あたり=165mgの苦瓜エキス粉末と85mgの高品質秋ウコンから出来ています。


☆カンリーシュ苦瓜(粒)の主成分
主成分
中国産長白苦瓜■植物性インシュリン様成分
■苦瓜サポニン
沖縄産ウコン■クルクミン
■フラポノイド
■アズレン
■カンファー
■シネオール

■カンリーシュ苦瓜(粒)のラインナップ■
商品名カンリーシュ苦瓜 〜お試し用〜
内容量25g(約10日間分)
説明・この商品はカンリーシュ苦瓜をお試しになってみたい方
 に作られた、お試しサイズ(価格)です。


送料・送料無料
代金・消費税込¥2,100円

商品名カンリーシュ苦瓜 〜袋タイプ〜
内容量75g (約一ヶ月分)
説明・この商品はカンリーシュ苦瓜の袋イプです。

送料・送料無料
代金・消費税込¥7,350円
 インターネット特価⇒消費税込¥6,400円

商品名カンリーシュ苦瓜〜瓶タイプ〜
内容量75g (約一ヶ月分)
説明・この商品はカンリーシュ苦瓜の化粧瓶タイプです。
・化粧瓶ですので、食品の保存に適しています。
※最初に化粧瓶を購入され、以降パッケージをお勧め
  します。

送料・送料無料
代金・消費税込¥7,800円
 インターネット特価⇒消費税込¥6,800円


京都健美会 KYK
Copyright(c) 2003-2017糖尿病 血糖値 血圧等の健康維持に健康食品の販売京都健美会All Rights Reserved.無断転載・転用・引用禁止